2011年5月16日月曜日

JavaScript ゲーム製作勉強会 Vol.1行って来た

JavaScriptゲーム制作勉強会に参加してきました(Ustream録画)。
いろいろあって延期になってたけど無事開催されてよかったです。

さて、感想です。

初心者の初心者による初心者のためのJavaScript ゲーム開発入門 by @hakoberaさん
ゲーム制作とは「新世界の神となること」
なぜ今JavaScriptゲームなのかというと十分速くなったから。
WebGLやSVGとかグラフィクスの課題はかなり解決されてきた。
DOMを使ってゲームを作るっていうのもある(enchant.jsも)。
弱いところは動画、音声、カメラ、デバイス(ジョイパッド)など。
動画や音声はコーデックがバラバラで動画を再生したければWebMとH.264みたいに2つ用意する必要があったり。

またIEはCanvasが使えなかったり、Canvasが使えるIE9はWinXPにインストールできなかったり
『IEはChromeをダウンロードするツール』(´;ω;`)ブワッ

発表中に出てきたもの
Angry Birds
WebGLサンプル
SVG女子

JavaScriptでゲーム制作@実務現場レポ by @souさん
あ、私Apple端末よくわかんないです(´;ω;`)ブワッ
iPhone4は解像度が高いけどそのせいで描画性能が厳しい+画像のダウンロードコストも大きくなる。
Wi-Fiサクサク、3Gだと厳しい。
キャッシュを使えば通信量は減らせるけどそれってインストールアプリっぽい。
プラットフォームは狙ったほうが楽。

玉転がしゲームで学ぶUnity入門 by @nakamura001さん
玉転がしゲームをUnityでライブコーディング。
付いて行こうと思いましたけどコーディングがスピーディだったので諦めました(´;ω;`)ブワッ
Unityには物理エンジンがのっていて物理エンジンを使って球を転がしていました。
C#やJavaScriptの他に謎のPythonライクな言語Booを使えるけど資料がすくないようです。
UnityにはFree版の他にPro版があってPro版のほうが使えるエフェクトが多くてきれいな影が落とせるようです。
開発ツールって大事だよね。

Kinect同士のネットワーク対戦ゲーム by @ndrugerさん
Kinect + WebSocket + HMD + node.js
腕を振ると球を飛ばせて、最強のHTML5の盾で防御。
オンラインで複数人対戦可能、計算はほとんどサーバ側。
ヘッドマウントディスプレイはヘッドトラッキングできるもの(学生時代研究室にあったのと同じ!)HMDは仮想空間のプレイヤーの頭の位置とリンクしていて、HMDが傾くと仮想空間のカメラも傾く、没入感!
ネットワークのコストは大きめ。

そんなかんじで大盛況でした。
第二部はプチハッカソン+ピザ&ビール。

次回は未定らしいです。
次回は発表者になれればいいな、なんか考えとこうっと!

みなさんお疲れさまでした!

参加者ブログ
「JavaScript ゲーム製作勉強会 Vol.1」でUnity入門の話を話しました - 強火で進め by @nakamura001さん
JavaScript ゲーム製作勉強会に行ってきた | albatrus.com by @albatrus_jp1さん

1 件のコメント:

  1. 次回あれば参加したいですね。スマフォの技術などは参考になりました。
    Unityも勉強したいです。

    返信削除