2011年12月10日土曜日

MMD for UNITY勉強会

MMD for UNITY勉強会に参加してきたよー!

Unityにはあまり詳しくないのですが、MMDについて調べていたことがあったので興味を持って参加させて頂きました。


第1部「MikuMikuDance for Unityについて」 竹渕さん
Unity, MikuMikuDanceについての紹介。

Unityはサンプルが沢山落ちてるので作りやすいのだとか。
サンプルとしては次のサイトが充実している。
http://www.unifycommunity.com/

続いてライブコーディング、Unityを使ってドミノ倒しを作成
オブジェクトを配置していくだけでドミノ倒しゲームを作成してしまいました。
このお手軽さがUnityのいいところですよね。

続いてMikuMikuDance for Unity(MFU)のモジュールについて

PMD Loader
Unityのプラグインで、MMDのPMDをUnityで使用可能な形式に変換するモジュール。
PMDはMMDのモデルデータを格納したファイルです。

VMD Loader
同じくUnityのプラグインでMMDのVMDをUnityで使用可能な形式に変換するモジュール。
VMDはMMDのモーションデータを格納したファイルです。

X File Importer
実は聞き逃して良く覚えていないorz
多分Google SketchUpからモデルデータをインポートするツール?
ミクさんのために背景を用意しようとこのモジュールを紹介されていました。

必要な作業は以下のとおり
・Google SketchUpのインストール
・3Dギャラリーからskpをダウンロード
・プラグインをいくつかインストールする

Support Script
カメラ関係などハマりそうな部分を色々手伝ってくれる。

ここまで第一部、ミクさんとの掛け合いが楽しいプレゼンテーションでした。

第2部 コミッククリエイション22の出展報告 竹渕さん、貼り絵さん
短時間でゲームを創り上げるGameJamを行なってきたそうです。

作成したゲーム
ミクさんが操作して食べ物を沢山拾ってサバイバルするゲームです。

実はこのMFU、IKがまだ実装されていないそうです。
IKなしはなめらかなアニメーションができなくて確かに不便だけどできないこともないそうです。

GameJamでは時間足りなさ過ぎた満喫で粘るはめに。
修羅場があったみたいですが達成感はあったそうです。いいですね。

MFU Game Jam、2月下旬に予定しているそうですよ!

第3部 ディスカッション
MFUをみんなに使ってもらうためにはチュートリアルが必要でやっぱり動画とか作成したほうがいいんじゃないか?とかMFUに関するお話とかとか。

Unityは本が沢山出ているので勉強には困らなさそう(もちろん日本語もね)。

サンプルのソースはJavaScriptのソースコードが多い。でも会場のユーザーはC#が多いようでした。
UnityのJavaScriptはC#のようにかけるJavaScriptらしいです。

最後に
3DCGArtsの中の人や、Twitterでフォローしている人やいろんな人とお話できました。
もっと色々お話したかったなぁ。
次回も期待。

1 件のコメント:

  1. もしかして、勉強会終盤で話かけてくださったのは、にゃまだんさんでしたか?もし、そうでしたら気がつかなくてすみません…(自己紹介を先にするべきでしたね ^^;
    国内の数少ない WebGL プログラマーさんの記事ということで、ブログもいつも拝見しています。
    また、勉強会などでお会いしたときはよろしくお願いしますね。

    返信削除